熊本県わいた温泉  旅館 山林閣

 

モバイル用QRサイトマップ2年連続1位獲得

お問合せ番号

カニ料理と硫黄温泉の宿 山林閣

プラン目前に”絶景”

目前の滝から水しぶきが散る。幅10メートル、しかも2段式。昼はくっきりつ見え、夜は仄かな照明で幻想的な世界を醸し出す。硫黄の匂いが鼻をくすぐり、温泉情緒満点。2段式の棚湯・男性露天風呂からはすぐ目前、女性露天風呂からも10メートルほど前に絶景が広がる。

つかる湯は乳白色で、湯の花と呼ばれる白い沈殿物が湯船に舞う。掛けながし源泉から流れる湯に目を移すと、底には真っ白い沈殿物がへばりついている。硫黄濃度の高い濃厚な成分がある証拠。これが、熊本県の調査で14もの効能があると認められた山林閣の温泉です。

 

熊本県も認めた「14の効能」

体にいいとされ、全国から「アトピーが治った」など、お礼の手紙が届きます。温泉につかりながら、右手を湯につけ、左手は外へ。すると「20分もたたないうちに、右手の肌触りがスベスベになりました」と40代女性のお客様。しかも、右手が左手に比べてほんの少し白く見える

源泉46.5度からの掛けながしの湯は、パイプを通ってちょうどよい湯加減。20~30分くらいつかっても、のぼせることはない。滝の音と幅10メートルほどの小川のせせらぎ、そして小鳥たちのさえずりが、ほのぼのとした夢心地に誘う。

夏にはホタルの名所として知られ、たくさんのホタルファンが集います。晩秋には紅葉が見頃。五感を刺激する白濁の湯で、体中がほかほかと温まってきます。

 

絶景の滝の見える露天風呂自慢のカニは北海道から地元素材こだわり「掛米」

北海道から自慢のカニが届く。1995年(平成7年)から始まり、もう18年になる。それが山林閣のメイン食材です。15,000円コースならズワイガニの刺身からカニみそ、カニ鍋にタラバガニの焼き物、カニ雑炊に至るまでの13種類。地元素材は馬刺しのたたきと米。手作業で収穫し、さらに1ヶ月以上も陰干しにした「掛米」を使うこだわりで、訪れる客の評価も高い。カニはタラバガニの焼き物が人気。「焼いた身が香ばしくて、身がたっぷり詰まって美味しいです」と女性宿泊お客様は北国の味を絶賛して頂きました。

 

HP予約特典